ご挨拶

教授 豊嶋 崇徳

「造血幹細胞移植医療体制整備事業」 実施責任者 豊嶋 崇徳
(北海道大学大学院医学研究科血液内科 教授)

造血幹細胞移植は、白血病をはじめとするさまざまな疾患に対する強力な治療法として普及してきましたが、移植技術の進歩によって、より多くの患者さんに本治療法の恩恵を届けることが可能となってきました。実際、移植数は増加しています。とういうものの問題もあります。一つは、移植医療の高度化や、わが国のかかえる地域の過疎化の進行に伴い、移植施設のセンター化がすすみ、都市部でしか移植は受けられません。そこで、広大な北海道、すみずみまで必要な患者さんに移植を提供するには、迅速で正しい命のリレーができるよう、地域の病院と移植センターの風通しのよい連携体制の構築が必要です。二つ目は、今、移植医療の進歩によって、病気を克服し長期生存する患者さんがどんどん増え、今後もさらに増加すると予想されています。移植後には患者さんの免疫系はドナーさんから生まれた赤ん坊です。その成長を見守っていく必要があります。そのために母子手帳に基づいて赤ちゃんの成長を見守るように、患者さんが移植病院を離れても、どこでも状況がわかるような体制を工夫してつくることが必要です。最後に、せっかく病気を克服したのに、仕事がない、生活が苦しいということでは報われません。そのためには、ソーシャルワーカーなどの様々な職種の方にも関心をもってほしいと思います。

わたしたちは、この「造血幹細胞移植医療体制整備事業」を通じて、移植が必要な患者さんに最も適したタイプの移植を迅速に届けられるように、そして移植後もきめ細かいフォローができるようにしたいと思います。血液内科診療に携わるさまざまな病院で働く皆さんが、地域を超え、職種を超え、お互いに名前と顔を知り合ってほしいと願っています。それが地域の患者さんの命のリレーのバトンタッチをスムースにしていく第一歩です。皆様のご協力とご支援をよろしくお願い申し上げます。