過去のセミナーのご紹介

平成28年度 造血幹細胞移植拠点病院研修会

第1回 造血幹細胞移植セミナー

平成28年度 第1回 造血幹細胞移植セミナーを開催しました

平成28年4月16日(土曜)14時〜17時30分
アスティ45研修施設ACUにて平成28年度第1回造血幹細胞移植セミナーを開催しました。

今回のセミナーでは、国立がんセンター東病院から近藤美紀様、愛育病院から藤巻優子様、札幌北楡病院から木下菜保美様、釧路労災病院から田口沙由里様、さらには患者として造血幹細胞移植医療を受けられた猪狩杏奈様を講師に迎え、移植医療連携を現場から見つめ直す、をテーマに有意義な意見交換が出来ました。

これまでのセミナーでは移植拠点病院を中心とした医療連携についての内容がメインでしたが、本セミナーでは、患者様を移植病院に送り出す立場、移植医療を提供する立場、さらには移植後のフォローアップを行う全ての立場から「現場の声」を出していただき、お互いの思いを共有する事で、より良い医療を患者様に提供できるようにすることが目的でした。実際、看護師間での情報共有がまだまだ充分ではない、移植医療を経験した事が無いので患者様とどう接したら良いかわからない、などといった意見も多く、今回のようなセミナーや出張研修・実地研修などを通じて、より蜜なネットワーキングの構築や人材育成に力を入れて行く必要性が明らかとなりました。また猪狩様より、移植医療を実際に受けられた立場からの講演をいただきました。患者様の目線に立った移植医療の提供に向けて具体的にどうあるべきか、あらためて考えさせられる大変貴重なご講演でした。さらには近藤美紀様から、日頃なかなか聞くことが出来ないLTFUの全国的な動向について、現時点での実情含めた幅広い内容でご講演いただきました。

今回は休日にも関わらず、95名の皆様方にご参加いただきました。北海道という広大な土地で、これからもより良い造血幹細胞移植医療を提供していくために、医師・看護師さんに限らず様々な職種の方々を対象としたセミナーを定期的に開催していく予定です。引き続き皆様方からのご支援・ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。


<札幌北楡病院 木下菜保美様のご講演風景>


<フロアからの活発な意見交換①(講師:猪狩杏奈様)>


<フロアからの活発な意見交換②(講師:近藤美紀様)>


<パネルディスカッション風景>

第1回 出張研修セミナー

第1回出張研修セミナーが釧路ろうさい病院で開催されました

厚生労働省「造血幹細胞移植医療体制整備事業」
平成28年度 造血幹細胞移植推進拠点病院研修会 第1回出張研修セミナーを2016年7月8日に釧路ろうさい病院で開催しました。

釧路ろうさい病院副院長の宮城島拓人先生に座長の労をいただき、はじめに北海道大学病院血液内科の後藤秀樹から①造血幹細胞移植医療整備事業についての説明、および②造血幹細胞移植についての説明が行われ、次に釧路ろうさい病院副部長の松川敏大先生から③慢性GVHD・長期合併症についてのご発表をいただきました。最後に、北海道大学病院造血幹細胞移植コーディネーターの神澤雅美から④長期フォローアップ(Long Term Follow –Up:LTFU)の実際について発表されました。

一般的な移植や合併症についての知識の普及だけでなく、移植施設との情報共有のあり方、さらには実践的な長期フォローアップ方法などについても議論を深めることが出来ました。

今回の研修セミナーでは、様々な職種から51名のご参加をいただきました。日々の業務でお疲れの中、多数の方々にご参加戴き誠にありがとうございました。

移植施設で同種造血幹細胞移植が行われたあと、移植施設の無い地元でもフォローアップを可能とすることで、患者様への負担を軽減し、安心して地元で生活できるようにする体制構築が本出張研修セミナーの主たる目的です。移植拠点病院として、これからも継続した活動を行っていき、北海道における造血幹細胞移植医療体制整備の向上に努めて行きたいと思います。

平成27年度 造血幹細胞移植拠点病院研修会

第3回 造血幹細胞移植セミナー

第3回造血幹細胞移植セミナーが終了しました

対象:医療従事者の皆様

平成28年2月26日(金)、TKP札幌カンファレンスセンターにて第3回造血幹細胞移植セミナーを開催致しました。金曜日の夜にもかかわらず、全道13施設より予定を大きく上回る77名の方々にご参加頂きまました。誠にありがとうございました。

今回のセミナーは「安全で効率のよい末梢血幹細胞採取を目指して」をテーマに、認定制度から始まり、自家末梢血幹細胞の動員、採取、凍結保存の一連のプロセスについて、それぞれのスペシャリストにご講演頂きました。参加された皆様は、医師、臨床工学技士、臨床検査技師、看護師、そして薬剤師と多岐に渡っており、このように異なる職種が一同に介して一つのテーマについて議論する機会は今までほとんどなかったため、大変有意義な議論ができました。

今後も移植に携わる様々なテーマのセミナーを行っていく予定です。次回は4月16日(土)を予定しております。移植と移植患者様に携わる全ての皆様のご参加をお待ちしております。


<北海道大学病院 臨床研究開発センター 伊藤経夫 先生>


<北海道大学病院 検査・輸血部 加畑薫 先生>


<札幌北楡病院 臨床工学技術科 土濃塚広樹 先生>


<北海道大学病院 検査・輸血部 伊藤誠 様>


<北海道大学病院 臨床研究開発センター 茂木祐子 様>


<北海道大学病院 検査・輸血部 渡邊千秋 様>


<北海道大学病院 検査・輸血部/血液内科 小杉瑞葉 先生>

第2回 造血幹細胞移植セミナー

第2回 造血幹細胞移植セミナーを開催しました

平成28年1月16日(土曜)14時〜17時30分
TKP札幌カンファレンスセンターにて第2回造血幹細胞移植セミナーを開催しました。

当初50名の参加を予定しておりましたが、予想をはるかに上回る応募を受け、最終的に24施設から85名の方々に御参加いただきました。休日にも関わらず多くの方々にご参加いただき誠にありがとうございました。

北海道は非常に広大な面積を保有しているため、地域間での医療連携は非常に重要になっております。今回のセミナーでは、大阪市立大学血液内科・造血細胞移植科の日野雅之教授、同大HCTCの梅本由香里様、札幌北楡病院HCTCの山崎奈美恵様、北海道大学病院12−2病棟看護師の神澤雅美様を講師として迎え、造血幹細胞移植が必要な患者様に遅滞無く医療を提供するため、さらには、移植後の患者様をスムースに地元の病院にバトンタッチするため、今後どういった取り組みが必要か有意義な議論を交わす事が出来ました。

本セミナーでは、医師・看護師さんに限らず、様々な職種の方々を対象としております。これからも継続的に造血幹細胞移植セミナーを開催して行く予定ですので、ご興味ある方は是非ご参加ください。


<北大病院血液内科 豊嶋教授からのご挨拶>


<大阪市立大学 血液内科・造血細胞移植科 日野教授>


<大阪市立大学 HCTC 梅本様>


<札幌北楡病院 HCTC 山﨑様>


<パネルディスカッション>


<フロアからの活発な意見交換>

第1回 造血幹細胞移植セミナー

北海道大学病院が「造血幹細胞移植推進拠点病院」に認定されてからはじめての「第1回造血幹細胞移植セミナー」が2015年10月24日に開催されました。今回は第1回目ということと、会場のスペースの問題があったため、道東の基幹病院である帯広厚生病院と釧路ろうさい病院、オホーツクの基幹病院である北見赤十字病院の血液内科の医師と病棟・外来の看護師の方に限定をしてお集まりを頂き、「造血幹細胞移植後のケア」について理解を深めて頂き、また施設での現状を把握して、問題点を明らかにすることを目的として行われました。

会のはじめには本事業の実施責任者である北海道大学病院血液内科の豊嶋崇徳教授より本事業の目的や目標についての説明があり、引き続き同血液内科の後藤秀樹医師より移植拠点病院としての北海道大学病院の今後の取り組みについて、問題点に沿って具体的な計画が示されました。地域の医師からは移植病院との情報の共有が出来る体制作りを希望する意見が多く出されました。

次に同血液内科の杉田純一医師より造血幹細胞移植に関する包括的な説明が、小野澤真弘医師より移植後の長期合併症管理について、菊池千夏看護師より移植後長期フォローアップ(LTFU外来)の現状について説明がありました。全体を通してのディスカッションでは移植後の患者さんが地元へ戻る時期やフォローアップの体制なども施設毎に異なっており、より効率的な体制作りやHCTCなどの移植に関わる医療人の育成が必要であることも再認識されました。

参加者の方からは非常に勉強になったとの意見が多く聞かれました。また、北海道における造血幹細胞移植の問題点が具体的となり、今後の拠点病院活動を進めてく上でも大変参考となるディスカッションが行えました。